株式会社タカラホーム

0120-974-050

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

防水塗装

施工手順はスワイプできます。

ベランダ・ルーフバルコニー・屋上(陸屋根)部分も、屋根と同じように劣化しやすい部分です。
劣化が進行すると防水機能が失われ、建物へのダメージに繋がります。
ひび割れや剥がれ等の症状に気付いたら、早めに防水工事を行うことをオススメします。

排水不良
排水機能がきかなくなると水が溜まってしまい、建物内への漏水に繋がります。
雨漏りや各部への劣化・腐食の原因になる恐れもあるので、早めに対処しましょう。
表面の浮き・波打ち
シートの防水で多く見られる症状です。
見える部分は特に問題なくても踏むと変形する場合は、トップコートやその下の防水シー
トが弱ってきています。
ひび割れ・裂け
ほぼ全ての防水方法で見られる病状です。
防水層や防水シートにひび割れや裂け目が生じると、そこから雨水が浸水し雨漏りに繋がります。紫外線なども直接あたることになるので、防水層の劣化を加速させます。
植物の繁殖
植物の根や茎は非常に強く、表面上刈り落としても内部に根が残っているとそこからまた
生えてくる恐れがあります。コンクリートを破壊し成長する力があるため、表面や外壁、
防水層だけでなく、躯体そのものを損壊させてしまう可能性もあります。
表面の荒れ・色褪せ
長年の紫外線や汚れなどで、防水層を覆っているトップコートや表面の機能が低下してし
まっている恐れがあります。このまま荒れて退色が進むと保護面がなくなり、直接防水層
に風雨や紫外線があたり劣化を引き起こす原因になります。

防水工事の手順

料金表へ