株式会社タカラホーム

0120-974-050

上記電話番号をタップすると発信します。
お電話の際、「ホームページを見た」と
お伝え下さい。

閉じる

外壁塗装

施工手順はスワイプできます。

外壁塗装の目安は、一般的に10年~15年ごとです。
しかし立地条件や気候条件、使われている塗料等によって外壁の状態が大きく左右されるので、きちんと見極める必要があります。
外壁アドバイザー+診断士の資格を有するスタッフが無料で診断致しますので、お気軽にご相談ください。

ひび割れ
外壁塗装が劣化してくると、ひび割れが発生してしまう場合があります。こうなると美観を損ねてしまうのはもちろん、雨漏りや内部の腐食も考えられるため要注意です。
早急な補修をおすすめいたします。
チョーキング
チョーキングとは外壁を触ったときに、手に粉が付着する現象です。これは塗料の劣化によって起こる初期症状です。耐久性や防水性など本来の性能が低下していることから、雨水が侵入してコケやカビが発生したり、ひび割れが起きたりする可能性も否めません。
そろそろ塗り替えの計画を立てる時期に差し掛かっていると考えられます。
コケ・カビ
外壁塗装が劣化して防水性が失われてくると、湿気によるコケやカビの発生へと繋がります。特にカビは人体への影響も考えられるので注意が必要です。放置しておくとさらに広がっていきますので、お早めの塗り替えをご検討なさってください。
剥がれ
塗装の剥がれは外壁の湿気や素地のサビ、経年劣化等によって起こります。また、塗装時に外壁に水分が残っていたり、適切な塗料が使われなかったりした場合も剥がれの原因になります。
剥がれが一度始まった箇所を放置してしまうと、そこから雨水などが外壁内に浸水し、外壁の塗装をどんどん剥がし、
剥がれている面積をさらに広げてしまいますので、早期に補修を施しましょう。

外壁塗装の手順

料金表へ

タカラホームでは、下塗り・中塗り・上塗りの三度塗りをしっかり行います。
下塗りをきちんと行うことで上塗り塗料の効果を充分発揮させることができます。
三度塗りをきちんと行わない業者もいるのでお気をつけください。